カテゴリ:未分類( 31 )

晴耕雨読

a0054240_20515077.jpg
「アガパンサス」
通常の青色。

6時半の時点で、まだ少し雨が降っていたが、ラジオ体操は外でする。
その後散歩にも出かける。
a0054240_20533143.jpg

わりと近い距離でイノシシと思われる背中が草むらの中でごそごそしているのを(快が)見つけたが、引き立てて帰って来た。
今朝は上へ行ってさっと帰ってくれたので、いつもより朝の進行が早い。
朝食が終わってもまだ8時半。
それなら…と、美容院に行って来た。
早く行ったので、美容院も早く終わり、買い物をして12時に帰って来た。

午後は少し日差しも出て、ここ三日ほど、雨、曇り続きで乾かなかった洗濯物もようやく乾いたが、蒸し暑いことに変わりはないので、今日も昼寝&読書。
「最後の晩ごはん」シリーズの「黒猫と揚げたてドーナツ」を読む。
舞台が芦屋で、ヒロタのシュークリームとか、モロゾフのプリンカップをコップ代わりに使うとか、イカリスーパーとか、懐かしいものが出て来るのも好きだ。
3時にはむっくり起き上がって、ピアノの練習。
新しい曲「13なぐさめ」に入った。

これが昨日書いたうちの枇杷の木。
a0054240_2122993.jpg

店で売っているのと違って、真ん丸に近い形の実。
a0054240_2145549.jpg

雨のせいか、今日見たら少し傷みかけていた。
もったいない~。
枇杷を撮影している私を見ている快。
a0054240_2174547.jpg

by hideko0611 | 2017-06-28 21:10 | Comments(0)

面白すぎて寝不足

a0054240_20583195.jpg
「オオイヌノフグリ」


今週は春と冬が入り混じるということだったが、今日はその中の春の部。
桜が咲きそうな暖かさだ。
景色もかすんでいるので、いっそう春めいている。
a0054240_2111345.jpg

それでもやぱっぱり朝は霜で真っ白。
a0054240_2135730.jpg

暖かくなったので、メジロが真ん丸にふくれずに普通サイズになっていた。
a0054240_21275441.jpg


午前中はパッチワーク。
日当たりのいい部屋の中は暑いぐらいだった。

昨夜「みかづき」を読み終えたのは午前2時。
眠いのを忘れるぐらいの面白さだった。
ゆとり教育とか週五日制とか、個性重視とか、生きる力とか、出て来る言葉がすべて懐かしい。
それらに翻弄されながら、でも子ども達と楽しく過ごした日々が走馬灯のように蘇る。
一家三代(正確には四代)の大河ドラマ的な展開も面白かった。
壷井栄さんの「暦」や「襠裲」を彷彿とさせる。
この本は本屋大賞を獲りそうな気がする。
それにしても二日続けての睡眠不足だ。
今夜は早く寝よう。

夕食は牡蠣のガーリックソテー(ほうれん草、エリンギ)、じゃがいもと鶏肉の甘辛煮。
このじゃがいもは、よたろうさんが畑を耕していたら土の中から転がり出て来た掘り残しものを使った。
a0054240_21172695.jpg


a0054240_21233577.jpg
「あしたはまたあめなんだってね。」

by hideko0611 | 2017-02-16 21:48 | Comments(0)

プチ紅葉狩

a0054240_22324410.jpg

「シャコバサボテン(白)」

午前中、源氏物語の講義に出席(「竹河巻」)。
次回からはいよいよ宇治十帖に入る。
その往き帰りに徳山駅近辺の紅葉・黄葉を楽しむ。

青空にイチョウの黄色が鮮やかに映えている。
a0054240_2317264.jpg

その下で考えこんでいる人がいた。
a0054240_232021.jpg

桜並木はすっかり葉を落としていいた。
a0054240_2342575.jpg

文化会館のカエデは目の覚めるような深紅。
遠くからでもパッと目を引く。
a0054240_2364079.jpg


a0054240_2391194.jpg

ここにはカエデの枝に向かって手を伸ばしている人がいた。

先週は私、今週はよたろうさんが大阪へ帰る。
よたろうさんは一泊して、明日、高校時代のお友達との碁の大会に参加してくる。
私はその間に友人を招いて連日ホームパーティー。
今夜は読書好きの人を二人お招きした。
おかげで家じゅうの本棚がきれいになりました~。
本を取り出したときに埃がかぶっていてはちょっと恥ずかしいので、頑張って掃除をしたのだ。
お酒を飲みながら…ということで、メニューは
a0054240_22411087.jpg

〇前菜(ツルムラサキのくるみ和え、れんこんのきんぴら、アンチョビオリーブ)
〇芋煮(里芋、こんにゃく、ねぎ、舞茸、ごぼう、牛肉)
〇簡単ちらし寿司(鮭、大葉、黒ごま、錦糸卵)
〇刺身盛り合わせ
〇春巻(「松の樹」)
〇マカロニサラダ
5時半から8時半まで、楽しく食べ、飲み、おしゃべりをする。
お二人は高校時代の同級生。
学生時代の同級生と遠く離れている今の私には、とてもうらやましい。
明日はランチに三人をお招きしている。
雨がいつ頃から降り始めるか心配。
うちの家からの景色を楽しみにして来られるのに…。

夕焼けがきれいだったが、それでも明日は雨なのね~。
a0054240_22461171.jpg


a0054240_22504538.jpg


a0054240_22523757.jpg
「ボクのかおであそぶのはやめてくださいったら!」 

by hideko0611 | 2016-12-03 23:11 | Comments(0)

新しいお店へ

a0054240_20374229.jpg
「ヤブラン」

明け方、雨が降っているのに気がついて目が覚める。
昨日のポイント予報では午後から雨ということだったのに…。
秋雨前線が早く北上したのだろうか?
それでもなんとか散歩に行けた。
途中で霧雨程度に降ってきたので、私も快も多少濡れたけれど。

庭仕事が出来る天気ではないので、9月8日にオープンした徳山のゆめタウンに行ってみた。
あちこちからシャトルバスが出ているが、帰りの時刻を気にしないでいいようにバイクで行くことにする。
家を出たとたんに降りが少し激しくなってきたが、雨具を着ていたのでそのまま出かけた。
家から11㎞弱、30分の距離。
建物は2階建で面積が広い。
2階の明屋書店に行くのが一番の目的だった。
a0054240_2053266.jpg

手話友達のマキちゃんから、岩合さんの猫と鳥獣戯画の手帳が出ていると聞いたので。
よたろうさんに鳥獣戯画の手帳を買う。
山頭火の句集を買いたかったが、文庫の全集の中で句集だけが品切れだったのが残念。
山口県出身の作家さんのコーナーや、文庫になっている古典(と言っても近代文学)のコーナーもあったりして、趣味・教養なども広い分野の本が並んでいた。
それぞれの分野の本が多数あればもっといいのだけれど、それは床面積を考えたら無理というものだろう。
1階の食料品売り場はもちろんくまなく見て回った。
だいだい新南陽の店舗と同じような品揃えだが、少し高級めの食材も並んでいる。
フードコートは防府のイオンタウンぐらいの広さ。
a0054240_21114569.jpg

店を出たときには、雨はすっかりやんで日が差していた。
家を出たのが9時20分、帰ったのが12時。
ちょっとした遠出だった。

曇り空の一日だったが、
a0054240_21313649.jpg
夕方の散歩もちゃんと行けた。
もうすぐ家に着くという頃に、碁から帰って来たよたろうさんが追いついてきた。
a0054240_21263515.jpg
「おと~さんだ~。」
この後、二人でお彼岸のお墓参りに行く。

by hideko0611 | 2016-09-22 21:38 | Comments(0)

失せ物探し

a0054240_048493.jpg
「うちのヴィオラ⑤」

デジカメは依然見つからない。
犯人は現場に還る・・・ではなくて、失くした物は行動した通りに跡をたどっていけば見つかるかなぁと期待して、昨日寄った店(アルク・セブンイレブン・明屋書店)を訪ねて回ったが、どこにもなかった。
これはやっぱり家の中に違いないと、何回もあちこち探してたみたがやっぱりない。
煙のように消え失せてしまった。
今日の雲は典型的な晴れた日の冬の雲できれいだったのに撮れずに残念。
きっとどこかに紛れこんでいるに違いない。
あんな大きなものが紛れこむのかとお思いでしょうが、うちの家には魔力が働いているのです。

遅れている年末仕事にようやくとりかかる。
お大師様の前掛け用の赤い布をカット。
年賀状の絵をスキャナで取りこんで、文を入れて全体を構成。
こちらは完成した。
明日は宛名を印刷しよう。

夕食に鶏の唐揚をしようと思ったら、なんと油が足りなかった。
そこでレンチョウ(舌ビラメのことをこちらではこう呼ぶ)の煮つけと漬物という地味なクリスマスディナー。
ケーキは近所の方からショートケーキをどっさりいただいた。

a0054240_0454283.jpg

「これはおとといのボクだよ~。」

by hideko0611 | 2013-12-25 00:52 | Comments(2)

壜がずらり

a0054240_22344025.jpg

「菊<スプーン咲き>」

とうとう今年も冬がやって来てしまった。
空も冬景色。
a0054240_22444050.jpg

今日の散歩や買い物の途中で出会う知人との挨拶はすべて、
「寒くなりましたね~。」
昨夜遅くブログを書いていて、寒くなったのでファンヒーターをつけようとしたら、灯油が切れていた。
がまんできないほどではなかったが、寝る時はやはり寒い。
末端冷え性の私は、特に寝る時に足が冷たいと悲しくなってしまう。
(阪神淡路大震災の後しばらくは、お風呂には入れなかったこともあって、毎晩冷たい足で眠りにつくのが本当に辛かった。)
ところが布団に入ったら、ずっと布団の上に乗っかっていてくれたひとみのおかげでほんのり暖かい。
おまけに私が布団に入ったら、ひとみも一緒にもぐりこんできたのでさらに暖かくなり、あっという間に眠りに落ちていた。
それに懲りたので、今朝一番によたろうさんに灯油を入れてもらい、納戸から湯たんぽを引っ張り出してきた。
これでどんなに冷え込んでも安心。

昨日作った柚子ジャム(マーマレード)を壜につめる。
家にある空き壜だけでは足りなかったので、100円ショップで買って来た。
壜の大きさはいろいろあるけれど、17本につめて、あと今日明日食べる分を別な器に入れたので18本分。
a0054240_2256373.jpg

だいたい柚子2個で一壜できた計算になる。
(今回いただいた柚子は少し小ぶりだった。)
ジャムをまず、柚子をいただいたタダオさんちに持って行く。
そしたらまたよそから送ってきたからと言って25個、今度はちょっと大きめのをいただいてきた。
じつは散歩の時に出会うおじいさまからも、お家の柚子を10個ほどいただいているのだ。
(この方はいつもズボンのポケットに、快にやる乾パンを二つ入れて歩いて来られる。)
というわけで、またがんばって作らなくては。

夕食はとても日本的な献立で、肉じゃがと簡単おでん風煮物、メザシに菜飯。
a0054240_2312414.jpg

菜飯は、いただき物の刻んだ広島菜漬と、白胡麻、ちりめんじゃこをご飯に混ぜた。
おでん風煮物は、昨日大根だけを炊いた煮汁に、さつま揚げと一口厚揚げを足したもの。

a0054240_2344675.jpg

「ながいすのうえにたってみました~。」
a0054240_238730.jpg

「おすわりといわれたのですわってみました~。」
この後、
「お手!」
と言ったら、快は飛び降りてしまった。

by hideko0611 | 2013-11-18 23:34 | Comments(2)

正体不明

a0054240_20573894.jpg

「サルスベリ(白)」

天気予報はきちんと当たり、お昼前から細かい雨が降り始めた。
手話サークルに行くとき(1時半頃)はほとんどやんでいて、帰るとき(4時頃)はちょっとした降り。
でも雨具を着込んでいれば全然濡れない程度の雨だった。
今日も新しくパッチワークをやりたいという人が3人ふえ、全部で8人になった。
皆さん自分のペースで楽しみながらやっておられて、私よりずっと針目も細かくてきれいだ。
出来上がったら、作品展をやりたいぐらい。
それにしても喜んでもらえてよかった。

雨は5時頃に上がったので、夕方の散歩も濡れずに行けてよかった。
小学校の校門近くに、不思議な木の実が落ちていた。
a0054240_21144599.jpg
大きさはゴルフボールより少し大きくて、ほぼ球形。
ぱっくり開いた口からは、栗のようなこげ茶色の実がのぞいている。
何の実か分からなかったが、よたろうさんが教えてくれた。
「栃の実」だって。
飛騨の「栃の実せんべい」も、湯村温泉の「栃餅」もとってもおいしいが、もちろんうんとアク抜きをしないと食用にならないのが残念。
飾っておくほどの色や形でもないが、なんだか可愛い。
運動場にある木には、まだまだたくさんの実がぶら下がっている。

雨が全く降らずに猛暑が続いていた頃、ほかの鉢の陰になっていて水やりが出来ていなかったため、アジサイの鉢が一つ枯れてしまった。
しかたがないので枯れた枝を地上数cm残してバッサリ切って、そのまま置いていた。
ところが今日見ると、新しい芽がしっかり伸びている。
a0054240_21183567.jpg
なんと素晴らしい生命力。

私達がラジオ体操をしている最中の快。
a0054240_21194357.jpg

「はやくおさんぽにいこうよ~。」
その後も・・・。
a0054240_2121927.jpg
a0054240_21215987.jpg

by hideko0611 | 2013-09-07 21:23 | Comments(0)

続 雨の散歩は一苦労

a0054240_2114921.jpg

「八重咲きインパチェンス<カリフォルニアローズフィエスタ>」

いかにも梅雨といった風情の一日。
ただ、梅雨って、こんなにめまぐるしく降ったりやんだりしただろうか?
朝の散歩はなかなか大変だった。
ラジオ体操をしている間は雲が多いものの、雨は降っていない。
だから何の装備もせず散歩に出る。
黒い雲がたれこめてきたなぁ、降り出さなきゃいいけど・・・
a0054240_2110973.jpg

と思っていたら、ポチタマクリニックを過ぎたあたりで急に降ってきた。
この前と同じく、チヨコさん家のガレージで雨宿り。
a0054240_21145078.jpg
a0054240_21155853.jpg

思ったより早く小降りになったので歩き出すと、また降ってきた。
ここから先はしばらく家も隠れるところもない。
しかたがないので、ふだんはあまり通らない古い道を行くことにした。
これは旧道よりもさらに古く、花河原の人が下まで歩くときに使っていた、竹やぶの道。
今は通る人もほとんどなく、どうなっているか分からない。
でも、竹や木で雨がしのげるかと思って、苦肉の選択をした。
a0054240_2124413.jpg
a0054240_21273146.jpg

結果はその選択は正解で、あまり濡れずに帰れた。
a0054240_21262568.jpg
この道だと距離も短くてすむ。
竹の根がびっしり地に張っているせいか、草もあまり生えていなくて、思ったより歩きやすかった。
こんなところでも座り込む快君。
a0054240_21502356.jpg


デイサービスに母を送り出した後、よたろうさんと二人で徳山へ行く。
よたろうさんは自転車を取りに、私は広田眼科へ。
2週間ほど前から右の眼に飛蚊症らしき症状が出ているのを検査してもらいに行った。
強い近視の人が年齢が高くなると症状が出ることが多く、ほとんどの場合は心配いらないが、まれに網膜剥離や眼底出血などの前兆であることもあるということなので、一度きちんと診てもらうことにした。
昨日も行ったんだけど、瞳孔を開く薬を注して検査すると、しばらくは運転が出来ないと聞いたので、今日もう一度電車で行ったのだ。
天気が心配なので、よたろうさんはすぐに帰り、私は病院へ。
検査の結果は悪いものではないということで、そのうちおさまると言われて安心した。
2時頃に家に帰ったが、また雨が降り始めていたので、急いで二回目の散歩に快を連れて行く。
今度はすぐに帰れる上に行き、ひどく降り出す前になんとかトイレもすませて帰って来た。
明日もこんな天気のようなので、雨の合間にうまく散歩しなくっちゃ。

今朝の「朝イチ」でやっていた「鶏とインゲンの初夏煮込み」を、手羽元で作ってみた。
a0054240_214317100.jpg

玉ねぎも入れて、オリーブオイルと塩だけで蒸し煮にするのだけれど、こげつきそうだったので、少し水を入れて、コンソメも少々。
黒胡椒を入れ忘れてしまったので、寝ぼけた味になってしまった。
畑で採れたズッキーニは、今年初めて作ってみたもの。
株が大きく張るわりには、あまり実がつかず、それも腐りやすいので、もう二度と作らないだろうな。
キューピーマヨネーズのコマーシャルで見たように、マヨネーズで炒めて、最後に醤油をひとたらししてみたが、これまた寝ぼけた味だった。
にんにくや胡椒、チーズなどをうまく使うとおいしいかもしれない。
鯛の切り身に塩麹をもみこんだものは、柔らかくおいしかったが、塩麹の量が少なかった。
作り慣れていない料理の味付けは難しい。
砂糖、醤油、味醂を使うとだいたい味は決まるんだけど、たまには違った味にも挑戦してみたかったのだ。

by hideko0611 | 2013-07-02 21:52 | Comments(0)

ひとみの帰還

a0054240_21494572.jpg

「クジャクサボテン(ボタン色)」
この前植え替えた(葉を挿した)のが3年前。
次の年はほとんど咲かなかった。
去年はいくつか咲いたけれど、ほとんどが白。
そして今年は・・・
盛大に咲いてくれて、今が花盛り。
a0054240_23421134.jpg
しかも、ないと思っていた赤がけっこうあって、一つの鉢に白と赤が混在している鉢がいくつかある。
3年前、葉を挿すときに入り混じってしまったんだろう。
抜いて色別に植え替えようかと思ったが、紅白そろい踏みというのも縁起がいいかも、と迷っているところ。

ついさっき(午後9時半頃)、ひとみが部屋に帰って来た。
じつは昨日の夜中に窓から出してやったら、いつもなら半時もしたら戻って来るのに、朝まで帰って来なかったのだ。
朝までどころか、昼になっても夕方になっても姿を見せない。
しかも恐ろしいことが・・・。
昨夜の3時頃、よたろうさんが、庭を駆け抜ける2匹の生き物の影を目撃したんだって。
1匹は犬(快)ぐらいの大きさで、猫の鳴き声もしたとのこと。
その時、本物の快は玄関の中でおとなしく寝ていたから、もちろん快ではない。
物音で気がついたよたろうさんが寝ぼけ眼で2階のベランダから庭の暗がりを見たので、見間違えと言うことも考えられるが、ひとみがいつまでも戻って来ないところから、何かの生物とひとみとの間にバトルがあったと考えられる。
野犬だったら快が騒ぐだろうし、扉が閉まった庭に入っては来れないだろう。
大きな猫じゃなかったのかなと私は推測している。
でも、その「何か」に噛まれて大怪我をしたり、最悪の場合は命を落としているのじゃないだろうかと一日中気が重かった。
戻ってきたひとみは、どこもけがはしていないようだが、首輪が外れていた。
いったい何があったのか、ひとみがしゃべれたらいいのにね。
そして今、ひとみは和箪笥の上でくつろいでおります。

1週目の木曜日がお休みだったので、5週目の今日がパッチワーク。
いつものようにたくさん楽しくおしゃべりしながら、少しばかり手を動かす。
年長のお二人もすっかり元気を取り戻されたようでよかった。
一人の方がこしらえた栗の渋皮煮を1個ずついただく。
大きな栗で、渋皮がちっとも破れていない。
ずいぶん手間がかかったことだろう。
今日のおやつタイムではそのほかに大きなロールケーキ一切れずつもあったので、さすがの私も家に帰ってからあまりおなかがすいていなかった。
(それでも昼食はちゃんと食べる。)
これから雨の日が多くなるだろうから、パッチワークをどんどん進めていかなくちゃ。

午後、ひとみのことを気にかけながら、シャコバサボテンの残りと、カランコエの植え替え(挿し芽)をする。
梅雨時は挿し木、挿し芽には最適の季節。
雨の後は、咲いた花は倒伏したり汚くなったりしているが、育ち盛りの緑は一日で見違えるほど大きくなっている。

a0054240_22271575.jpg

「むしあついけど、きょうはきりっとすわってみました。」

by hideko0611 | 2013-05-30 22:43 | Comments(0)

突然梅雨入り

a0054240_21515824.jpg

「ユスラウメ」
a0054240_21523039.jpg

匂いをかいだだけで食べない快。
去年あんなに好きでとりつかれたように食べていた野いちごも食べない。
肉食獣への道をまっしぐら~。

山口県が梅雨入りした。
a0054240_21564914.jpg

不意打ちなのでびっくりしている。
いつも雨や曇の日が何日か続いてから梅雨入り宣言が出ていたように思うのに。
昨日までは晴れていたし、一昨日まではからりとしていたのに。
というわけで、今日は朝からずっと曇。
6時過ぎにぱらぱらっと降ってきたが、今のところ(午後9時半)やんでいる。
明日はほぼ一日雨模様。
これからほぼ2ヶ月こういう天気が続くのか・・・。

急に階段下の物置を片付ける気分になったので、朝食後すぐ取りかかる・・・つもりが、「あさイチ」で大人の女性の着こなし術を特集していたので真剣に見てしまい、その後になってしまった。
時間を有効に使うために、よたろうさんの冬物のシャツにアイロンをかけながら見る。
コメンテーターの内藤剛志さんの
「オバサンというのは、時間を止めようとしている人なんだね。」
という言葉に、なるほど!と膝を打つ。
物置の片付けは、母の部屋で不要になったプラスチックの衣装ケースの中に掃除関係のものやエプロン類を収納するようにしたことと、ためこんでいた紙袋どっさりを処分したことで、見違えるようにスッキリした。

庭仕事は午後2時間。
シャコバサボテンの植え替えは途中までしか出来なかった。
a0054240_2142679.jpg


昨日カワトンボらしきものを見かけた渓流。
a0054240_2150579.jpg

浅くて狭いちょっとした水の流れなのに、快は入ろうとしない。
a0054240_21481743.jpg

前の海は、水浴びは嫌いなくせに、自分から溝や渓流に飛び込むのは大好きだった。
快は水を飲みたいのに口が届かないから、「ちょうだい」顔でおねだりをする。
a0054240_21463645.jpg

by hideko0611 | 2013-05-27 22:00 | Comments(2)