2012年 04月 23日 ( 1 )

走る 走る

a0054240_22165833.jpg

「スィートピー」
後ろの茶色い影は快。
鼻面を突き出して、少しスィートピーをかじっていた。

昨日までの雨の多かった天気から一転、からりと晴れて初夏の陽気になる。
庭仕事にもいい日和だけれど、卓球に行って来た。
人が少なくて、今日からの初心者の方とあと7名。
月曜日にはいつも来ているはずのジョーさんも、トモコさんも姿を見せず。
ジョーさんは夕方自宅に岩牡蠣と鯵を届けて下さったから、釣りに行っておられたのだろう。
すいていたので、SAYAKA先生の個人レッスンも久しぶりに受けられた。
レッスンで体をしっかり動かしていると、汗が卓球台の上に落ちるぐらい暑い。
卓球の後は防府までひとっぱしり。
よたろうさんが今「居眠り磐音」にはまっていて、この前、秋月のBOOK・OFFで、棚に並んでいるだけの巻を買って来てあげた。
抜けている巻が数冊あるので、防府のBOOK・OFFに行ってみたのだ。
バイクでツーリングするのにぴったりの気候なので、往復60Km近い距離も苦にならない。
いつものことながら、トラックの通行量が多くて、道の路側帯が狭いのがちょっとコワいだけ。
二つあるトンネルは、後ろからトラックが来ていない隙をねらって、出来るだけ道の真ん中を走る。
海も山もぼんやりかすんでいるのは、黄砂じゃないと思うが、では一体何なのだろう?
a0054240_2325573.jpg
a0054240_2230544.jpg

「黒船」で辛味噌ラーメンを食べるのも、このコースの楽しみの一つ。
でも残念なことに、BOOK・OFFには抜けていた巻は1冊もなかった。
せっかく行ったのだからと、店中を見て回り、平松洋子さんの「おもたせ暦」と、「アメリカンキルトものがたり」を買う。
a0054240_2234420.jpg

「アメリカンキルトものがたり」は、2001年12月~2002年1月まで、教育テレビで放送されていた「趣味悠々」のテキストなんだけど、放送と関係なしに見ても面白い本。
アメリカンキルトの歴史や、パッチワークパターン27種類が載っているだけでなく、アンティークキルトやアンティークファブリックの実物写真がたくさん載っている。
「映画の中のアメリカンキルト」なんていうコラムもある。
本の表紙に使われているのは19世紀の布で作ったサンプラーキルト。
これで300円というのはお得感がある。
防府まで行ったのだから、吉本花城園とハニービーにももちろん寄った。
a0054240_22425176.jpg
黄色のコエビソウ、新色のマーガレット、八重咲きのインパチェンス、赤の縁取りになったアイビーゼラニウム・・・と、今日は全部色で苗を選ぶ。
明日もいい天気のようなので、一日庭仕事をしよう。
a0054240_2243561.jpg

布自体がパッチワーク柄になっている(12種類)。
そのまま使ってもいいし、切って組み合わせてもいい。
a0054240_22431680.jpg
a0054240_22432874.jpg

このホフマンの布は、残念ながらカットクロス1枚分しか残っていなかった。
ホフマンのむら染めはどれも色が私好み。
3時半に帰って来たら、快が庭でバスタオルの上に横たわって、うれしそうに洗濯ばさみをがじがじ噛んでいた!
快が飛びつかないように、ものすごく高いところに竿をかけ、タオルjはこういう干し方をして行ったのに~。
a0054240_22531852.jpg

いろいろ想像してみるに、風で吹き寄せられたバスタオルが、下に垂れるような状況になったに違いない。
a0054240_225452100.jpg

(再現フィルム)
気をつけよう。
お菓子と取替えっこですぐに放してくれたのでよかった。
a0054240_22563181.jpg

「これ、たべられるの?」
八重の山桜ももう散り始めている。

by hideko0611 | 2012-04-23 22:58 | パッチワーク | Comments(0)