秋の声

a0054240_1891384.jpg

「オミナエシ」

今日もパッチワークで楽しい机端会議をした後、髪を切りに美容室へ。
この前行ったところ(Lovely Laurel)が気に入ったので、今日もそこへ行く。
アルクの西側の道を北に上がって行って、2号線に出る手前にある店。
家族でやっておられる、ほのぼのとした雰囲気がいい。
予約しないでも、すぐやってもらえるのもいい。
私のイメージ通りに短く切ってもらえるのもいい。
髪を洗う椅子が首が痛くならないのもいい。
価格も少し安いのがさらにいい。
まずカラーリングをしてもらう。
薬をつけて、
「しばらくおきますから。」
と言われて、うなずき、3ヶ月ぶりの女性週刊誌に眼を落としていると・・・。
突然頭が熱くなり、シューッという音も聞こえた。
驚いて顔を上げて鏡を見ると、巨大なターバンのようなものでくるまれた頭(3倍ぐらいの大きさになっていた)から蒸気が出ている!
後で訊いてみると、少し髪が傷んでいたので、蒸気(ミスト)を当てて染めたとのこと。
初めてなので、ちょっとびっくりした。
でも温度はそれほど熱くならなかった。
これをすると、染めた色が少し濃く(黒く)なるんだって。
1時間半ほどで全て終わって帰る。

今日も気持ちのよい風は秋色♪
トゥルリラトゥルリラ~  風に吹かれて~♪ 
あっ、これは「野ばらのエチュード」で春の歌だった。
「風は秋色」の方は、「オーミルキースマイル♪」。
どこに秋の風が出てくるのかと思って歌詞検索したら、後半に「冷たい秋 ひとりぼっちの夕暮れ」というのが出てきた。
この歌は資生堂の「エクボ」のCMソングだったので、サビの部分しか覚えていない。
そして空も秋色。
a0054240_21414592.jpg

気持ちがよくって散歩に行くより寝ていたい海。
a0054240_2205782.jpg

「あ~、めが~。」
a0054240_221158.jpg

「もうあけていられないよぅ~。」
散歩に行っても寝ていたい海。
a0054240_2214715.jpg


今宵は月が出ていない(月齢27.7で昼月)ので、夜タダオさんちに月1回のお取り寄せ卵を受け取りに行く時(7時過ぎ)は、真っ暗だった。
片手に卵パックの入ったかご、片手に懐中電灯を持って行く。
こんな時、田舎暮らしの面白さを実感する。
都会育ちの私はこちらに帰省するまで、月の出ていない夜は真っ暗だということを知らなかったもの。
草に囲まれた我が家は、夜になると虫たちの大合唱。
コオロギ、スズムシはもちろん、クツワムシ(ガチャガチャ)やマツムシも朗々と鳴き声を響かせている。
古くはマツムシのことをスズムシ、スズムシのことをマツムシと呼んでいたそうだ。
マツムシの鳴き声は、今都会ではあまり聞けないだろう。
こんな時もやっぱり田舎暮らしの面白さを実感する。
by hideko0611 | 2009-09-17 22:02 | 四季の移ろい | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧