冬景色

a0054240_211757.jpg

「ヤマイモ(ムカゴ)」
庭のあちらこちらに、ヤマイモのつるが顔を出している。
今の季節は、こんな風にムカゴもついている。
時々よたろうさんが採ってきてゆでるのだけれど、あまり美味しいものではない。
地下を掘れば当然ヤマイモが出てくるのだろうが、それはまだしたことがない。

風景が冬の色になってきた。
小学校のビオトープは、ひっそりと枯れ草色。
a0054240_217183.jpg

ため池にはカモの船隊。
a0054240_21434089.jpg

我が家の柿は、とうとう最後の1個を今日食べた。
あと何個か残っているが、それは「木守柿」。
「来年もよく成りますように。」
とお願いするために、木に残しておくのだ。
鳥たちに分けてやるという意味もあるのだろう。
a0054240_21121833.jpg

徳山の街路樹で珍しい紅葉を見つけた。
a0054240_21171713.jpg
モミジバフウらしい。
このあたりの街路樹はイチョウが多いのだが、この木は徳山の商店街の東にある。
葉が大きいし、形がきれいなので、水に浮かんでいてもけっこう絵になる。
a0054240_2117401.jpg

うちの大根は植えたのが遅かったので、食べられるのはもう少し後だが、よそのお家では、もう漬物用に木に吊るされていた。
a0054240_2119850.jpg

家の中にはみかんがあふれる。
卓球教室で知り合った愛媛出身のTさんにお願いして1箱取り寄せたら、山口みかんも1箱お歳暮で届いた。
これでも、いっちゃんやいつもいろいろなものを分けてくださるご近所に少し配って、だいぶ減ったのだ。
愛媛のみかんは皮が厚くて、最初は少し酸っぱいと思ったが、味が濃くて美味しい。
a0054240_21382073.jpg

そして寒い冬に備えて、冬毛ふさふさになりますます太って見える海。
a0054240_21203826.jpg

夕焼けの空はは美しいが、日が暮れるのが本当に早い。
あと1週間で冬至だ。
a0054240_21232992.jpg
a0054240_21234856.jpg
a0054240_212467.jpg
a0054240_21242192.jpg


お昼は全日本実業団女子駅伝、夜はフィギュアスケートグランプリファイナルを楽しく見る。
天満屋の中村友梨香さん、毎年力をつけてきている。
今年もエース区間の2区で、区間2位のいい走りをしていた。
来年の名古屋国際女子マラソンを走るそうなので、応援しよう。
西宮の小・中・高等学校出身(小学校は夙川小学校)なのだ。
強くて美しい女性達を見ているのは、本当に気持ちがいい。

今日の海。
よその畑に撒かれたすくも(もみがら・・・保温作用、肥料として撒く)を不思議そうに眺める。
a0054240_21355665.jpg

「これはいったい何ですかぁ~。」
a0054240_21364519.jpg

おまけ たまには理知的な表情を見てもらおう。
a0054240_21334342.jpg

by hideko0611 | 2007-12-16 21:49 | 四季の移ろい | Comments(0)