冬が来た

a0054240_22342649.jpg
「アイビーゼラニウム」
ゼラニウムは、暑さにも寒さにも、乾燥にも加湿にも強いし、どんどんふえる。
何種類かあるけれど、アイビーゼラニウムはなかったので、最近買ってきたもの。
来春は鉢をふやそう。

昨夜の野球は久々に興奮する試合だった。
あの場面(無死満塁 1点差)でスクイズ、命じた星野監督も決めたサブローもえらい。
試合後、阪神が優勝した時より星野監督は感慨深げだった。
やっぱり、日の丸を背負うというのはすごいプレッシャーなんだろうね。
ダルビッシュも球児も若さゆえの気負いが感じられたもの。
それにしても上原はさすがだ。
余談だが、私は川崎を見るといつも「ドカベン」に出てくる里中くんを思い出してしまう・・・。
(私は「小さな巨人里中くん」の歌を今でも歌える。)

いよいよ冬らしくなってきた。
よく晴れて、きりりと寒い冬の朝。
最近徳山に行く時は、紅葉がきれいなので、山沿いの2号線を走って行くことが多い。
卓球場は2号線沿いなので、今日ももちろん赤や黄色の彩りを楽しみながら、ピンクパンサーを走らせる。
a0054240_17373576.jpg
a0054240_17374885.jpg
a0054240_17375992.jpg

今日から冬仕様のジャケットにマフラー、もちろん手袋と完全武装しても、そこだけむき出しの頬に、冷たい空気がぴしぴし当たる。
でも私は寒がりなくせに、晴れた寒い日の冷たい空気のすがすがしさは好きなのだ。
温泉でお湯から上がった後、水風呂に入る時と同じで、最初は勇気がいるが、入ってみると気持ちがいい。
生きている実感を感じる。
今日はフォアのフォームを直そうと課題を決めて練習した。
今まであまり親しく話したことのない人から、いいアドバイスをいただいた。
私の打つのをよく見ていて下さったから言えるアドバイスだった。
とても具体的に、帰りの駐車場でまでいろいろ言って下さった。
おだやかなぬるま湯にのんびり浸る時間も人生には必要だけれど、冷たい空気や水と同じく、ぴりっと染み入る言葉は爽やかだ。
「あんまりあれこれ言われたらいやでしょ。」
と言われたので、思わず、
「いえ、私あんまり気にしませんから。」
と、思いっきり「気にしぃ(大阪弁で「気にする人」のこと)」のくせに、見栄をはってしまった。
パッチワークにしろ、卓球にしろ、小さな社会ではあるが、所属してよかった。
いろいろな性格の人と一緒に過ごす時間は、確かに自分を成長させてくれる。

今日は1日冬の空。
朝も。
a0054240_17542472.jpg
a0054240_17543345.jpg

夕も。
a0054240_17545754.jpg
a0054240_17551295.jpg

遠く九州もよく見えた。(一番背後のぼんやりかすんでいるところ)
a0054240_17564199.jpg


今日の海。
トイレの改装に伴い、形が合わないので使えなくなったトイレマットをもらって、楽しくじゃれて遊ぶ。
a0054240_1759030.jpg
a0054240_20514299.jpg
a0054240_17591763.jpg
寒いからと小屋に入れてやっても、絶対に引きずり出すのだ。
そのくせ、気持ちよさそうにマットに寄りかかって寝ているのはなぜ?
a0054240_1759374.jpg

おまけ 寒いので田んぼのわらの上で丸くなって眠る猫(うちの客猫)。
a0054240_20475563.jpg
a0054240_2049239.jpg

by hideko0611 | 2007-12-04 18:02 | 四季の移ろい | Comments(0)