家の中まで

a0054240_17171335.jpg

                      「ブーゲンビリア」
中に見える白い小さな花が本当の花。
ピンク色をしているのは包葉と呼ばれる葉。
無事に冬越しをして、最初は緑一色だったのが、先の方が少しずつピンクに色づいていくのを見るのは楽しい。

梅雨ってこんなに雨ばかり降っていただろうか?
ここのところ10日ぐらい、水やりの必要まったくなし。
田んぼの稲もこんな大きく成長して、海を誘惑している。
a0054240_17225746.jpg

からっと晴れた青空にもずっとお目にかかっていない。
雨が降っていない明け方や夕方には蜩が「カナカナカナ・・・」と鳴いているのだけれど、梅雨明けはまだ先のようだ。
サボテンはこれだけ雨が多くても、それなりに生きていくんだね。
これは、サボテンとあまがえるという、珍しい取り合わせ。
a0054240_17264262.jpg

以前ブログに書いた復活多肉は、その後さらに生き生きと蘇っている。
(どちらも上は5月26日の写真)
恐るべし、サボテン・多肉植物パワー。
a0054240_2013324.jpg

                         
a0054240_17581474.jpg



a0054240_2011928.jpg

                         
a0054240_17584850.jpg

とにかく1日中降ったりやんだりを繰り返しているので、ちょっとうっかりミスをしてしまった。
やんでいる時は蒸し暑いから、2階の私の部屋の窓を開けてそのままにしていたのだ。
下に降りて、かぼちゃをたいていると(ようやくかぼちゃも日本産)、急に激しい雨が降り出した。
雨が一番ひどい時に、母がデイサービスから帰って来たので、傘をさして車まで迎えに行き、みんなでびしょ濡れになった。
デイサービスの所員のお兄ちゃんが大好き(柴犬をずっと飼っていたので、よく相手をしてくれる。)で、必ず朝も帰りも飛び出して迎える海も、小屋から一歩も出ないぐらいの豪雨。
母にはそのままお風呂に突進してもらい、私も濡れた服を着替えるために部屋に上がったら・・・
「うわぁ~!!」
南の窓から降りこんだ雨が、床に水たまりを作っていたのだ。
バスケットに入れていたパジャマや着替えもぐっしょり。
おまけにベッドも一部濡れていた。
それだけの被害ですんでよかったが、気をつけよう。

雨の合間に庭に出ている海も、いつものように寝るでもなく、駆け回るでもなく、ちょこんと座って、何やら考えているような風情。
テレビで「ペットを撮る写真術」を見た直後だったので、ひたすら撮ってみた。
少しずつ表情が変わるので、見ていて飽きない。
a0054240_17415253.jpg
a0054240_1742661.jpg
a0054240_1742251.jpg
a0054240_17425460.jpg
a0054240_2014277.jpg
a0054240_17535951.jpg
a0054240_17434955.jpg

by hideko0611 | 2007-07-10 17:48 | 四季の移ろい | Comments(2)

Commented by gyuchan77 at 2007-07-10 18:28
うはは
最後のお顔最高です。何を考えてるんでしょ。

そうそう、雨よく降ってるそうですね。
今日は特にすごいとさっき母が電話で言うとりました。
Commented by hideko0611 at 2007-07-10 20:35
これはあくびの終わりの顔なのだ~。いつもあくびをすると、ちょっと男っぷりの下がる海くんです。
雨、今夜から明日もよく降るそうです。ただいま部屋の湿度77%。