雨のち晴れ

a0054240_1752810.jpg

「つるばら(アンジェラ)」

昨夜は私がぐっすり眠りこんだ真夜中に、また前線が通過したらしい。
空っぽにしておいた水やり用のバケツに、雨水がたっぷりたまっていた。
目測では、200mmぐらいあるんだけど・・・。
雨は午後になっても降り続く。
小やみになったかと思うと、またザーッと降り出すので、散歩に行けない海は小屋でふて寝。
a0054240_17562586.jpg

私達は晴耕雨読で、のんびりできるのでうれしい。
と言っても、読書ではなく、私はパッチワーク、よたろうさんは書道や水墨画を楽しむ。
結局3時頃にようやく雨が上がったが、それと同時に青空がのぞき、太陽が照りつけてきた。
a0054240_1825639.jpg

急激な天候の変化は、嶽山を見ても分かる。
上から朝7時 昼2時 夕方4時。
a0054240_20385157.jpg
a0054240_2039556.jpg
a0054240_20391927.jpg

散歩コースにある溝の水が、白く泡立って、勢いよく流れている。
a0054240_1812632.jpg
a0054240_1814442.jpg

今日海が足を汚したら、こんな中に入らないといけないところだった。

季節がまた少しずつ移ってきている。
昨日散歩コースで見つけたのが、桑の実。
a0054240_18124665.jpg

野山の木の実の中では、一番おいしいと私は思っている。
西宮市の総合教育センターの中に1本あるので、行った方はぜひ味見を。
食べた後、ちゃんと「や~ま~のはたけ~のくわのみを~♪」と「赤とんぼ」の歌を歌っておいた。
そうしたら、今日はすぐ近く(小学校のビオトープ)で赤とんぼを発見。
西宮でよく見かける茶色っぽいタイリクアカネではなく、本当に真っ赤なとんぼ。
何アカネなんだろう。
小さいけれど、左の方を飛んでいるのが見えるかな?
a0054240_20484860.jpg

田んぼの溝には、ヒキガエルがいた。
a0054240_1814978.jpg

じつは私、ちゃ~んとこのカエルに会うのは、何十年ぶりかになる。
海はカエルを見つけたら、かまいたくてかまいたくてしょうがない。
食べるわけじゃないのだけれど、ちょっかいを出して、なかなかその場所を離れようとしない。
また、カエルが次から次へと出てくるんだから!
やっとのことでカエルから引き離して、引っ張り上げたところ。
ジャーンプ!
a0054240_20442528.jpg

カエルと言えば、このところ、夜窓を開けていると、ゲコゲコ、ガアガアとカエルの合唱の賑やかなこと。
すぐ近くで鳴いているように聞こえるが、ほんとはちょっと離れた田んぼから聞こえるのだって。
西宮の家はマンションのすぐ前が小さな田んぼだったから、やはりカエルの鳴き声はよく聞こえたが、カルテットとフル編成のオーケストラぐらいの違いがある。
ツバメが電線にとまっているのを見かけた。
うちは犬や猫がいるので、巣をつくりに来てくれなくて残念。
ツバメが巣をつくった家には幸せが来るというから。
a0054240_20203577.jpg

でも、今日四つ葉のクローバーを3つも見つけたから、ちょっとは幸せが来るかも。
a0054240_20245765.jpg


今日の海。
「雨に濡れた草が、おいしいですよぅ。」
a0054240_20264453.jpg

肩の毛もだいぶ浮いてきた。
「もう少しできれいになるから、待っててね。」
a0054240_20255961.jpg

私もそろそろ髪を切ろう。
by hideko0611 | 2007-05-25 20:46 | 四季の移ろい | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧