散歩の効用

a0054240_18405075.jpg

「ひめりんご」

今日の散歩はとっても気持ちよかった。
長袖のTシャツ1枚でも寒くない。
4時40分頃家を出て、帰って来たのが6時前。
2人でとりとめもないことを話しながら、の~んびり歩く。
私の体調が悪いときは主人1人で行くが、主人は腰が痛くても、風邪をひいて咳がごんごん出ていても、必ず散歩に行く。
2人と1匹で歩く時間を、1日の中で必ず作りたいようだ。
ちょっと険悪な雰囲気になりかけていても、いくら食いしん坊な海でも夫婦喧嘩は食べないので、散歩の途中でいつの間にか普通にしゃべっている。
そうそう、「主人」という表記ももう一つなので、これから「よたろうさん」と呼ぶことにした。(本人の承諾済)
よたろうさんは植物(特に野山に自生する木や草)に詳しいので、一緒に歩いていると、
「これはアケビ、あっちはよく似ているけどムベ。」
というふうに教えてくれて助かる。
これがアケビの花。
a0054240_20315516.jpg
それでも分からないものは、帰ってから図鑑で調べることにしている。
二人が立ち止まったり、私が写真を撮ったりしている時は、」海はじっとがまんして待っていてくれて、そのかわり海が自分の気になる匂いを探索したり、お気に入りの草の葉を食べたりしている時は私達が付き合って待ってやる。
多くの植物が芽を出し、花を咲かせる今の季節はちょっと歩いても、目につくものがいっぱいで、わくわくする。
特に木の美しさは、桜とはまた違った春の喜びを感じさせてくれる。
まとまった新緑もきれいだけれど、今生まれたばかりの1枚の木の葉のつやつやした美しさは、そのままどこかにしまっておきたいぐらいきれいだ。
上から、ハゼ、イチョウ、オオベニガシワ、カエデ,、カナメモチ(アカメ)、ナラの新しい葉。
a0054240_18272620.jpg
a0054240_21323992.jpg
a0054240_1828483.jpg
a0054240_1835062.jpg

a0054240_22541948.jpg
a0054240_2254517.jpg

オオベニガシワやアカメは、若葉だけが赤いというのも面白い。
今日の海。
大好きなボールでよたろうさんに遊んでもらう。
ぶら下げてもらって、ゼエゼエ言いながら大喜び。
a0054240_22355181.jpg
a0054240_18362713.jpg

by hideko0611 | 2007-04-12 18:28 | 四季の移ろい | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧