「さるびあ」の咲く日




a0054240_21063026.jpg
「サザンカ(赤)」

一年に一度、読書会の冊子(「さるびあ」)を印刷、製本する日。
いつもより30分早く、9時半集合。
今年はエッセイの投稿人数も8人と少なく、部数も20部なので、それほど時間はかからなかった。
いつも目次を作る担当のTさんが体調が悪くて欠席だったので、私が一旦家まで帰ってパソコンで目次の原稿を作り、印刷してきた。
だいたい原稿が完成したところで一福でランチをとり、今日の分の読書会をして、また戻って製本する。
全部終わったのが2時頃だった。
明日、明後日が忙しいのと寒くなるのとで、三日分の食材を買いこんで帰る。

寒くなってきたので、昨夜から湯たんぽを入れ始めた。
夜ブログを書いていて足が冷えても、布団に入ったらぬくぬくした湯たんぽが待っている幸せ。
よたろうさんも夜中に起きて本を読んだりしているので、湯たんぽのぬくもりをこの上なく喜んでいる。
私は暗いのと寒いのとがとても苦手だ。
霧のロンドンで神経衰弱になった夏目漱石に、同情の念を抱いてしまう。
でも、昨夜外に出てふと空を見上げたら、カシオペア座をはじめ、たくさんの星たちがきらきらと輝いていた。
暗くても寒くても、それを見るのは決していやじゃない。

最近、散歩の後、なぜか外の監視体制に入る快。
a0054240_21140465.jpg


by hideko0611 | 2017-11-17 21:21 | 読書 | Comments(0)