いよいよ雪

a0054240_19464741.jpg
「菜の花」
いよいよ寒波が上空にやって来た。
夜が明けた段階では、雪は降っても積もってもいない。
でも、何かが起こりそうな空。
a0054240_19485437.jpg

この写真を撮ってから10分後…。
a0054240_20174544.jpg
「たいへんなことがおきたんです~。」
空から白いものが舞い降りて来たなぁと思ったら、一気に激しく降りだした。
a0054240_19521294.jpg

ちょうど私達の歩いて行く方(北)から風が吹いてくるので、雪も真正面から吹きつけてくる。
嶽山もみるみるうちに白くなっていく。
a0054240_19572455.jpg

快は背中に降り積もった雪を、
a0054240_1955645.jpg
何度もぶるんぶるんして払い落としていた。
家に帰ってからもしばらく雪は降り続け、あっという間に辺りが白くなった。
a0054240_19593935.jpg

このまま降り続けるのかと思ったが、その時は短時間でやんだ。
その後も何度か雪はちらついたが、日中で一番降ったのは朝のこの時間だった。
寒さはさらに厳しくなる。
蕾のあがってきたシンビジウム温室から部屋の中へ全部移動させた。

午前中は暖かい部屋で、DVDの「ブルックリン」を見る。
アイルランドとアメリカのそれぞれで待っている二つの人生のどちらを選択するか、迷い、決断していく女性の話。
ぞれぞれの土地で彼女を愛し、彼女も愛する男性が登場する。
人は同時に二つの場所や二つの時間を生きることは出来ない。
当たり前のことだけれど、切ないことでもあり、そこからドラマが生まれる。
主人公を演じた女優さん(シアーシャ・ローナン)、貫地谷しほりちゃんにどこか似ていた。

午後は手話サークル。
3時頃、雪が盛大に舞い出したので早く帰らせてもらったが、それほどひどくはならず、散歩も普通に行けた。
でも、空は不穏な気配。
a0054240_20155958.jpg

あとは今夜どれほど降って、明日の朝どれほど凍っているか…だ。
今、夜の8時過ぎだけれど、窓の外の暗い中を雪が舞うのが見えている。

今夜は大根と手羽の煮物(DVDを見ながら煮込んでおいた)と、
a0054240_20122232.jpg
ほうれん草と豚バラ肉ミニ常夜鍋。
a0054240_20134413.jpg

畑から採ってきたばかりの大根は下ゆでの必要など全然ない。
すぐに柔らかくなる。

by hideko0611 | 2017-01-14 20:18 | 四季の移ろい | Comments(0)