3月の大(?)雪

a0054240_20173050.jpg
「ゼラニウム」

朝起きると、予想通り一面の銀世界。
a0054240_20241367.jpg


a0054240_20281424.jpg

それでも窓から手を伸ばして屋根に積もった雪を触ってみると、降ったときと同じ柔らかいままだ。
水気の多い春の雪だからだろう。
積もった高さはこの冬一番かもしれない。
10cm近くありそうだ。
a0054240_2031172.jpg

玄関から出してやった快が、いつもならすぐに庭に飛び出して行くのに、しばらく呆然と立ち尽くしていたのが面白かった。
朝になっても雪は少し降り続いていたので、先に朝食をすませ、9時前に散歩に出る(まだ降っていた)。
a0054240_2036265.jpg

この光景だけ見ると、まるで一面銀世界のようだが、それは道の端っこだけ。
融けやすい雪なので、道路の雪はすっかり融けている。
a0054240_20391354.jpg

ところがその道路に雪で奇妙な暗号が書かれている。
あっちにも、
a0054240_20452562.jpg
こっちにも。
a0054240_21105182.jpg

たいてはモールス信号のような「-」の長短だが、時々「=」なんかもある。
一か所「IT」があったのに、トラックに蹴散らされてしまった。
この宇宙からの謎の通信の正体は…
a0054240_20541863.jpg

電線に積もった雪がぼとんと下に落ちたものだった。
たまにすごく大きな落下雪があって、見つけた快がアイスキャンデーのようにかじっていた。
a0054240_2185196.jpg

そういう雪だったので、日が差してくるとあっという間に融け、夕方にはほとんど跡形もなかった。

<2月読書記録>
「やりたいことは二度寝だけ」   津村 記久子
「キャロリング」         有川 浩
「明日の子供たち」        有川 浩
「だれもが知ってる小さな国」   有川 浩
「鴨川食堂」           柏井 壽
「鴨川食堂 おかわり」      柏井 壽
「鴨川食堂 いつもの」      柏井 壽
「火野正平 若くなるには時間がかかる」  火野 正平
「流」              東山 彰良
                        以上9冊

by hideko0611 | 2016-03-01 21:05 | お天気情報 | Comments(2)

Commented by fuwa25 at 2016-03-02 17:11
ご無沙汰しています。いおりです
快くん、雪にびっくりだったんですかね??

読書会のことが新周南新聞に載ってたのですが、いつも行かれてる読書会ですかね?
写真も掲載されてて、もうしかしてどなたかがひでこさんなのかな~なんて
思ったりして、、、違ってたらごめんなさい。
Commented by hideko0611 at 2016-03-02 22:20
いおりさん、お久しぶりです。
快は突然一面の雪景色を見たので、ちょっとびっくりしたみたいでした。
そして私の入っているのは、お察しの通り、その読書会です。
そして私も写真の中にいます。
と言っても、じつはまだ私は新聞を見ていないのです。
後列の背の高いのが私です(!)