続 白い一日

a0054240_19224129.jpg
「マユミ」

雪は夜中にやんだようだが、厳しい寒気のために溶けずに残っていて、今朝も銀世界。
a0054240_1925614.jpg

家から道までの坂が雪ですべりそうだし、道も白いままなので、きっと凍っているのだろうと思い、散歩に出る時刻を遅らせる。
朝食後、前の道のアスファルトが見えてきたのでこれなら行けそう…と散歩に出たら、大間違いだった。
雪がなかったのはうちの前の道だけで、そこから先は陰になるので凍った雪が積もったままになっている。
a0054240_19451716.jpg

しかもけっこう急な坂。
これはいけません、と急遽引き返し、上に行く。
上の方が傾斜がゆるやかなのだ。
それでもすべらないように、恐る恐る歩いて行く。
雪の上には、近所の人が犬を連れて歩いた足跡が残っていた。
これは烏の足跡かな?
a0054240_19321299.jpg

こちらは快の足跡。
a0054240_19434479.jpg

あまり遠くまで行かずに、さっさと帰って来た。
a0054240_19465070.jpg
「あしがつめたくなっちゃったからね~。」
a0054240_19534148.jpg
「かえってきたらおか~さんのひざにのっかって、あっためてもらってるの~。」
(確かに快の肉球は冷たかった。)
a0054240_19553341.jpg
「ついでにあごものせちゃおうっと。」

とにかく寒い!
散歩から帰ってお風呂に入り、ようやく少し暖かくなった。
風邪でも引いたのだろうかと少し心配になり、ピアノの練習もやめて、暖かい部屋でバッグ作りに精を出す。
サイドとマチを縫って袋に仕立て、見返しをつけ、持ち手を縫いつける。
まだ裏の仕上げは残っているが、なんとかバッグの形になった。
a0054240_19411633.jpg

ウールの生地は伸びやすく、ゆがんだりふくらんだりしているが、それもまたご愛嬌…ということで。
寒い時期に間に合ってよかった。

寒いので夕方の散歩も早めに2時半から行く。
道の雪はもちろん全部溶けているが、草の上に少しばかり残っている。
それをまたまたブルドーザー食いする快。
a0054240_19582644.jpg


こんなに寒くても、少しずつ花芽を伸ばしているアマリリス。
茎がだいぶ見えてきた。
a0054240_2012516.jpg

by hideko0611 | 2016-01-20 20:01 | お天気情報 | Comments(2)

Commented by eiruy0531 at 2016-01-21 08:20
励ましのお言葉ありがとうございます

あたたかそうなバッグですね✨

昨日のピンクの椿がかわいいと思いました
すてきな花と快くんに癒されています
Commented by hideko0611 at 2016-01-21 20:34
よこちゃんさん、バッグは本当にとってもあったかです。
実際に触ってもあったかいし、気分的にもあったかいです。
古い服で作ってもいいかもしれませんね。

私も同じ経験をしたとき、しばらくの間、息をするのも苦しいほど辛かったです。
一日中思い出されて…。
どうかお体に障りませんように…。