夕立が続く

a0054240_2244030.jpg

「オシロイバナ」

雨で一週間延期になった、部落の草刈りの日。
8時から作業なので、6時に起きて早目に散歩に行く。
絶対に梅雨は明けたに違いないと思えるほどの晴天。
a0054240_22481377.jpg


私の作業はいつものように旧道の草刈り。
と言っても、がんぜき(熊手)で、刈った草を崖下に落としていったのがほとんど。
途中からは、T子さんの車で酒屋(アーバン新南陽)まで走ってもらって、冷やしてもらっていた飲み物を受け取り、竹輪と一緒に配ったので、実質草刈りにはほとんど貢献出来ず、申し訳ない。
この前の水没事件で水に浸かった自治会館の冷蔵庫は、乾いてから通電したら大丈夫だったが、中をきれいに漂白してからでないと気持ちが悪いので、今回は飲み物を冷やすのは酒屋さんにお願いした。
さすがに業務用の冷蔵庫で冷やしてもらった飲み物はいつまでも冷たいことに感心する。

作業は2時間ほどで終わったが、その後庭の植物の水やりをし、裏の鉢植えを元の場所に戻していく。
台風接近の時に下におろして、ずっとそのままだったのだ。
長雨でインパチェンスが2種類とも(ニューギニアインパチェンスと、八重咲きのカリフォルニアローズフィエスタ)だめになってしまった。
カリブラコアも株が半分いたんでいる。
それに対して、ノボタン類は生き生きと葉を茂らせ蕾をつけている。
高温多湿が大好きなんだろう。

午後からよたろうさんは碁に行き、私はほぼひと月ぶりに家でゆっくりとした時間を過ごす。
うたた寝用の必須アイテム、ボンボンベッドを出してきて、鑑定団など日曜午後のテレビを見ながら半分昼寝。
そしてふと気がつくと、外は夕立(昼間なのでにわか雨というのだろうか?)。
じつは夕方にも一雨あった(こちらは間違いなく夕立)。
快を散歩に連れ出したが、往きは猛然とダッシュする快が最初から歩きたがらない。
下へ行こうとしても上へ行こうとしてもどちらも途中で歩行拒否。
しかたがないので近場をちょっと歩いて帰って来たが、その途中から空がにわかに暗くなり、大粒の雨が降ってきた。
もしや快にはそれが分かっていたのか?
たぶん暑くて歩きたくなかっただけだと思うけれど。
a0054240_23142155.jpg

「ボクのリードであそばないでっ。」

by hideko0611 | 2014-07-20 23:15 | お天気情報 | Comments(0)