曇りのち豪雨

a0054240_22392016.jpg

「半夏生」
ちょうど昨日が七十二候の「半夏生」。
一年間の折り返しの日でもあった。

今日はまたまたややこしい天気の日。
ポイント予報では一日中雨。
ところが朝は降りそうで降らない。
a0054240_22452379.jpg
a0054240_2246491.jpg

空は昨日以上に雲が厚くたれこめて、今にも降りそうだったので、
a0054240_2244851.jpg
散歩バッグの中に折りたたみ傘をしのばせておく。
心配していたけれど、雨には合わずに帰って来れた。
その後もしばらく快を玄関に入れていたが、いっこうに降り出さないので、10時頃に外に出してやり、私も行けないかと思っていた買い物に行く。
雨が降り出したのは昼食を食べ終わった直後。
空がみるみるうちに薄墨色のカーテンでおおわれたようになり、
a0054240_2251068.jpg

a0054240_23314084.jpg
あっという間に大粒の雨が屋根を叩き始めた。
それから夕方まで、集中豪雨のような降りは続いた。
大雨洪水警報と雷注意報と、短時間だけど竜巻注意報まで出ていた。
私が見た薄墨色のカーテンは、小さな竜巻だったのかも・・・。
なぜかその間にひとみが部屋から姿を消し、びしょ濡れになって帰って来たという一幕もあった。
窓は開いていなかったと思うのに、いつの間に出て行ったのだろう?
私はベッドに寝転んで本を読んでいたから気がつかなかったのだろうか?
雨が上がった5時過ぎにいつものコース、いつもの時間で夕方の散歩が出来た。
そして夜の10時過ぎから、また強い雨が断続的に降っている。
よたろうさんはまだ帰って来ていない。
(今日もまたまた同窓会である。)
もう少し早ければ濡れずに帰れたのに。
明日も大雨の予報。
梅雨末期の典型的な天気だ。
そして来週ぐらいが梅雨明けかな。

畑に朝のサラダの材料を調達に行ったら、葉陰に小さなスイカが三つほどなっていた。
マダーボールと、
a0054240_2345731.jpg
大玉西瓜。
a0054240_2373187.jpg

今年はイノシシにやられないようにしないとね。
サラダの材料は、サニーレタス、ルッコラ、きゅうり、トマトとすべて自家製でまかなえるようになった。
a0054240_2393615.jpg

今、よたろうさんと私はルッコラにはまっている。
ちょっぴり辛味と苦味があり、ごまの香りがする独特の風味は、淡白なレタスやきゅうりのアクセントになる。
採った種から育てた香菜も、いろいろな料理に使えるので、あまり大きくなりすぎないうちに、せっせと食べることにしよう。
a0054240_2314568.jpg


a0054240_23183661.jpg

「このあめ、いつまでつづくの?」
a0054240_2320046.jpg

「もういやっ。」

by hideko0611 | 2013-07-03 23:21 | お天気情報 | Comments(2)

Commented by たんぽぽ at 2013-07-04 08:23 x
おはようございます。
半夏生、宇江佐真理さんの「あやめ横丁の人々」を思い出しました。本を読んだときは漠然とイメージしていたのですが、こうやって写真を載せていただくと、ああそうかこれが半夏生なんだ!と再確認できました。
どうもありがとうございます。
足もとに咲く小さな花の名前やそのいわれが気になります。ちょっと調べてみたりもするのですが、それが正しいのかよくわからないことも多いです。

hidekoさんの写真、楽しみにしています。
Commented by hideko0611 at 2013-07-04 23:29
たんぽぽさん、こんばんは。
私は「あやめ横丁の人々」は未読なんです。
半夏生というのは、名前自体にとっても雰囲気がありますよね。
私は実物より先に、庄野潤三さんのエッセイでぎぼしやシラーを知り、とても惹かれた思い出があります。