春の大嵐

a0054240_19563733.jpg

「ゲンノショウコ」

春の嵐といっても、もう少し可愛らしいものを想像していたが、雨はそれほどでもなかったものの、いや~暴風は本当に台風並みにひどかった。
2時半頃に、風の音で目が覚めたぐらい。
4時頃から雷も鳴ったとよたろうさんが言っていたが、それは気がつかなかった。
朝から夜まで、暴風と波浪の警報が出続けて、電車も止まっていたらしい。
というわけで、たいていの天候なら出かけていくよたろうさんも謡のお稽古を休んだ。
快ももちろん散歩にも行けず、午前中はずっとケージの中。
トイレをすませていないので、応接間で遊ばせてやるわけにもいかない。
12時前にようやく雨がほぼ上がったので、まだ風は残っていたが、二人で散歩に連れて行ってやる。
竹が風で大きくしなっている。
a0054240_2071616.jpg

それでもあっという間に、時折日が差してきた。
a0054240_208862.jpg

小さな枝が道路のところどころに落ちていたぐらいで、吹き飛ばされたものはあまりなかったようでよかった。
a0054240_2093669.jpg

午後も少し風は吹き、夕方はまた雨が少し降ってきたが、もうたいしたことはなかった。
せっかく満開になっていたハクモクレンが、思いっきり風にもまれて半分ぐらい花びらが落ち、残ったものも茶色くなってしまった。
桜の開花が遅れていたのでよかったけれど、そうでなかったら今日の風雨で全部散っていたかもしれない。

雨の日は家事モードに入りにくいが、三日坊主にならないように冷蔵庫(冷蔵室のみ)の大掃除をする。
ピアノの練習とパッチワーク、テレビ、ラジオの語学番組視聴はちゃんとして、午後は久しぶりに映画を観る。
撮り溜めた中から、「追想」を選択。
イングリッド・バーグマンとユル・ブリンナーの共演で、二人を見ているだけで十分・・・という気分になる。
処刑されたはずのロシア皇女アナスタシアをめぐる話。
バーグマンは昔から好きな女優さんだ。
by hideko0611 | 2012-04-03 20:18 | 四季の移ろい | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧