初積雪

a0054240_2264714.jpg

「ビオラ<神戸ビオラ>」
これで本当におしまい。
あと、去年のこぼれ種が芽を出したのと、チヨコさんに今年も種から育てたものをいただいたのがあるが、どちらも花はまだ。

雪が降ると思って待ち構えていたのに、なんのことはない。
少し寒いけれど、朝から晴れている。
暖かいぐらいなので、よたろうさんは日の当たる庭で年末恒例のお飾りを作り始める。
好奇心の強いものみにさんざん邪魔されながらも、午前中で10個を仕上げた。
a0054240_22462664.jpg

私は日日市に行って、萩の天日干し米を買う。
実際にお米を作っている生産者さんが売りに来ているんだって。
萩からここまで来る途中、雪が8cmぐらい積もっているところがあったと言っていた。
買い物から帰って午前中は、高校女子駅伝を観ながら、飾り棚の小物をきれいに並べ直す。
母が作ったお地蔵様、私があちこちで買い集めたお地蔵様やこけし、猫グッズ、家族がそれぞれ絵を描いた石などが所狭しと並んでいる。
いったん全部どけて、化学ぞうきんでふいたり、お風呂(バケツ)に入れたりしてきれいにした後、もう一度並べ直す。
こけしの中に、水につけたら色が一部取れてしまったものがあって、少しあわてたが、大事にはいたらなかった。
午後は高校男子駅伝を観ながら、年賀状の添え書きを半分ほどする。
去年の年賀状を見ながら、一人ひとりの顔を思い浮かべて一言二言書き添える。
その人と共に過ごした時間や場所が蘇ってきて、少し心が立ち止まってしまう。
そうしているうちに、駅伝の終わった3時前から急に空が曇ってきた。
これはいけません、とすぐ海の散歩に出たが、たちまち雪が次々舞い降りてくる。
それでも夕方までは降ったりやんだりだったが、日没頃から本格的に降り始めて、夜になると屋根やベランダにうっすら積もっている。
a0054240_22315098.jpg

2階の窓から、
「ひとみ~。」
と呼んだら、下から
「にゃあ~」
と返事が聞こえた。
そのうちにいつものように屋根をとんとん走って来る足音が聞こえてきたが、温室の屋根から家の屋根に飛び移るところで、すべりそうなのか躊躇している。
助けを求めるように鳴いているので、一瞬救出に行ってやろうかと思ったが、私の方が危ないことに気がついてやめておく。
ひとみは雪をいっぱいくっつけて、無事に窓から部屋に入って来た。
今は湯たんぽにもたれ、タオルをかけて幸せそうに眠っている。
a0054240_22313611.jpg

ものみは湯たんぽ入りの小屋の中。
夜はよたろうさんと全日本フィギュア(女子)の観戦。
私は食事の後片づけをしたり、沢庵を漬ける下準備をしたりしながら、注目の選手の演技だけを観る。
素晴らしいフリーの演技を見せた安藤美姫ちゃんの逆転優勝で終わったが、真央ちゃんもようやくジャンプが復活して2位。
それぞれ異なる個性を持つジュニア勢の台頭もあり、見応えのある面白い試合だった。
同じ時間帯にやっていたM-1グランプリは録画してまだ観ていないが、ネットで結果を確認する。
最終回の今年、ようやく笑い飯が悲願の優勝。
たぶんそうなると思っていた。
今までもいつグランプリを獲っていてもおかしくない実力だと思うので。
というわけで、今日はのんびりしたような忙しかったような1日。
a0054240_22532756.jpg

「さむいねといえば さむいねと こたえるいぬのいるあたたかさ」
俵万智さん、ごめんなさい。
真似しました。
by hideko0611 | 2010-12-26 22:56 | 四季の移ろい | Comments(0)