雷鳴とどろく

a0054240_2038686.jpg

「アメジストセージ」

いや~、昨夜の雷はすごかった!
午前3時から4時までほぼ1時間、鳴りっぱなし、光りっぱなし。
でも落ちたような音はしなかったので、空で放電ショーが繰り広げられていたようだ。
もちろん雨もバケツをひっくり返したように降っている。
海はお約束のように、
きゅんきゅんきゅん、カリカリカリ・・・人間語に訳すと、
「こわいよ~。」「出してよ~。」
雷の音に怯えて脱走する犬がいるそうだ。
今朝の海はその名残りで、毛がまだ濡れていた。
同じ時刻に部屋にいたひとみも落ち着かずにうろうろしては、低~い声でナア~ゴと、病院に連れて行かれる時の鳴き方をしていた。
宵の口にはっこんな脳天気な寝方をしていたのに。
a0054240_20594486.jpg

犬や猫にとって雷は音や光だけでなく、電気の異様な感触があるのではないだろうか?
人間もとても寝ていられないので、ちょうどラジオ深夜便でやっていた島倉千代子特集を、歌詞にじっくり耳を傾けながら全部聴いてしまった。
おかげで朝の眠いこと。
昼も眠くて、海の散歩をしながら寝そうになってしまった。
ブログを書いたらすぐに寝よう。
よたろうさんは書道協会の日帰り旅行で仙崎へ。
台風一過じゃないけれど、前線一過の秋晴れでよかった。
a0054240_20571590.jpg
a0054240_20572536.jpg

私は気持ちよく1日庭仕事。
暑い時はとてもじゃないが出来なかった温室の片付けに取りかかる。
その仕事を中心に、倒れかかっているものを出来るだけまっすぐにし、鉢やプランターを移動する。
2年目の瓜の粕漬けも漬け換えた。
あっ、もうだめだ。
睡魔が・・・。
by hideko0611 | 2010-09-23 21:03 | 四季の移ろい | Comments(0)