初めての店

a0054240_21421487.jpg

「ノウゼンカズラ(ピンク)」
散歩道の途中、バイパスの隧道を抜けたところで見つけた。
よく見かけるオレンジ色の種類よりも花期が遅いみたいだ。

曇りの日が二日続いた後の晴れ間はうれしかったが、午後からはまた少し曇ってきた。
同時に少々蒸し暑くなり、夕方の散歩から帰ったら汗をしっかりかいていた。
それでも日が沈むとあっという間に気温が下がってくる。
a0054240_2153975.jpg
「きょうもやっぱりとちゅうでひとやすみっ。」

パッチワークの後、8名でランチに行く。
前回は雨の合間に快の散歩に行くため、参加出来なかったので、今日は行けてよかった。
久米のイオンタウンの中にある「倉式」というコーヒー店。
サイフォンで入れるコーヒーが売り物のようだ。
皆さんサンドイッチ系だったが、私は朝がパンだったのでご飯系で…とトマトと海老のドリアにする。
平日だというのに、ランチタイムを過ぎてもいっぱいの人。
女性の割合、若い人の割合が多かった。
ここのイオンタウンに行くのは初めて。
宮脇書店やDAISOも入っている。

夏はあちこちではびこっている雑草の一つ、コミカンソウに、名前の通り小さい蜜柑のような実がつき始めた。
a0054240_2159435.jpg

季節が少しずつ移り変わっていくにつれて、雑草の種類も次第に変わっていく。
花がほとんど終わったジニアをプランターから抜いた。
そこにルピナスやゴテチャの種(春に採っておいたもの)を撒こう。
庭仕事の季節がまた始まる。
# by hideko0611 | 2017-09-21 22:10 | B級グルメ | Comments(0)

白と緑と薄緑

a0054240_19484695.jpg
「デュランタ<アルバ>」

一日中完全な曇り。(夜、ほんの少し降った。)
a0054240_2044385.jpg

だんだん雨に向かっていく曇りではなく、いつまでも同じ状態の曇り空。
昨日もそんな感じだった。
こういう天気の日は非活動的になってしまう。
午前中は買い物に行き、午後は書店で帯の文句(売り切れ続出・スーパーおばあちゃん小説)に惹かれて買った文庫本「ひかりの魔女」(山本甲士著)を一気読み。
お酒の一気飲みは体に良くないが、本の一気読みは心にも体にも悪くはない。
ただ、読み終わった後、そのままぐうたらしそうだったので、少し庭仕事をする。
鉢の並べ直しと草抜きで1時間半ほど。
少し蒸し暑く、蚊も飛んでいるので、あまり生産的なことをする気になれなかった。
そろそろ種蒔きをしないといけないし、掘り返したままの水仙の球根も植え直さないといけないんだけど…。

去年よたろうさんが白ゴーヤの苗を買って植えた。
今年は買っていないのに、こぼれ種から生えたものが実をつけている。
ただ、緑のものと交配したのか、薄緑になってしまった。(右側)
a0054240_2002459.jpg

ぶつぶつの大きさが大きいのが白ゴーヤの特徴。
完全な白だと、料理をしたときにあまりおいしそうに見えない。
ゴーヤチャンプルーだと、豆腐の白と一緒で二色になってしまう。
今年の薄緑はちょうどいいかもしれない。
白ゴーヤ系は苦味が少し弱いような気がする。
今日はゴーヤチャンプルー。
a0054240_203316.jpg


曼殊沙華がただ今花盛り。
a0054240_2071059.jpg

# by hideko0611 | 2017-09-20 20:08 | 趣味の園芸 | Comments(0)

初お鍋

a0054240_21365341.jpg
「冬瓜」

明け方の空は薔薇色。
a0054240_21385083.jpg

でもそれは一瞬だけで、すぐに消えてしまった。
久しぶりに海霧も見られた。
a0054240_21405813.jpg


a0054240_21424724.jpg

夜は少し冷え込むからかな?

台風の風で飛ばないように、鉢をいろいろ動かしたり片づけたりしたが、それを戻すついでに、庭の一角(家の出入り口に一番近いところ)を冬仕様に模様替えする。
裏に置いてあった椿の鉢八つを表に出した。
a0054240_220116.jpg

今年はどれだけ咲いてくれるかな?

宮部みゆきさんの「誰か」を読み終わり、続編の「名もなき毒」に取りかかろうと思ったが、その前に届いたばかりの中古本、吉田としさんの「生と死と」を一気読みする。
児童文学やジュニア小説の書き手だった吉田さんの乳癌手術の顛末を書いたもの。
吉田さんの書いたものが好きだったので、闘病記を読むのはつらいのだけれど、ふと思い立って注文した。

夏の名残りが消えないうちに…と、麦茶のパックや冷やし中華などをせっせと消費しているが、そんな中で、夕食はこの秋初めての鍋にする。
a0054240_215323100.jpg

白菜、白ネギ、しめじ、鶏肉、人参のほかに、冷凍庫からほうれん草、油揚げ、豚肉を引っ張り出してきて入れる。
新米のご飯でゆかり入りのおにぎりを作って食べたが、どちらもおいしかった。
a0054240_21545932.jpg

そして何より、まだまだ暑くてビールがおいしい!

a0054240_21565977.jpg
「ボクもしょくよくがでてきました~。」
# by hideko0611 | 2017-09-19 21:57 | B級グルメ | Comments(0)

台風去って

a0054240_21524587.jpg
「ノボタン<コートダジュール>」
台風が通り過ぎて、また夏に戻ったようだ。
と言っても、冷房を入れる必要はなく、窓を開けているとちょうど気持ちがいいくぐらい。
風が強くなかったので、旧道の木もあまり枝が落ちたり折れたりはしていなかったが、少し傷んだ木もあった。
a0054240_21563288.jpg


敬老会のお弁当を部落の人に配って回る。
一日ずれていたら、いろいろ気をもむところだった。
今年は14名。
年々該当する人がふえていく。
今日はテレビのニュースでも、65歳以上とか、90歳以上とか、100歳以上の人の割合をいろいろ報告していたが、高齢化がどんどん進んでいることが実感出来る数字ばかりだった。
お弁当はいつものあやめさん。
a0054240_2224142.jpg

そしていつものように、品数が多く(おかず9品とちらし寿司)、味は濃すぎず、手作りのものばかりで、本当においしい。
鱧の梅肉和えの梅干しも自家製だそうだ。
参考のために、実費で一つ余分に注文して、よたろうさんと半分こして食べる。

「ソロモンの偽証」の20年後になるスピンオフ作品「負の方程式」を読む。
文庫版の特別付録。
なんと「誰か」から始まるシリーズの主人公杉村三郎さんも登場するという贅沢なお話し。
100ページちょっとの短編なのが物足りない。
これだけでシリーズ化してくれればいいのに…。

大相撲は宇良が休場してから一気に観る気が失せてしまっていたが、今日キルティングをしながら久しぶりに観たら、やっぱり面白かった。
嘉風と豪栄道の頑張りに期待して、明日からの6日間もちゃんと観よう。
# by hideko0611 | 2017-09-18 22:08 | お天気情報 | Comments(0)

台風当日

a0054240_19343785.jpg
「彼岸花」
あっという間にあっちでもこっちでもにょきにょき。

夕方台風18号ががようやく通り過ぎた。
時速30km程度と遅かったので、なかなか進んでくれない。
まぁ、そのおかげで朝はちゃんと散歩に行けたからよかった。
(もちろんいつものように4時頃から雨雲レーダーでしっかりリサーチしてから。)
6時前に家を出て、7時過ぎに帰って来たら、間もなく雨が降り始めた。
今回は雨もそれほど降らなかったし、風は全くと言っていいほど吹かなかった。
ただしそれはうちの家の北側にある崖が北風を防いでくれるおかげで、じつはある程度吹いていたようだ。
東の窓から見ると、竹が大きくしなって揺れていた。
a0054240_19402716.jpg

これは午後3時半頃に撮影したもの。

午前中に玄関に入れられた快は、日中はずっとおとなしくしていたが、夕方になって明るくなってくると
「出せや~い。」
と時折わんわん吠え立てた。
台風の経過が分かるみたい。
でも吹き戻しの風も心配なので、今日はそのまま玄関ホテル暮らし。
私はパッチワーク(ティーリーフのキルティング、落としキルトが終わってようやくエコーキルトに入った)をしたり、DVDの7「ソロモンの偽証」(後編)を見たり、夕食のハンバーグとポテトサラダの下ごしらえをしたりしてのんびり過ごす。
本当は今日は部落の墓掃除の日だったのだけれど、もちろん出来なかった。
こういう場合は、各自ですることになっている。
明日は敬老会のお弁当配りの日なので、明日でなくてよかった。
今日は早めにおやすみなさい。
外はすっかり静かな秋の夜。
# by hideko0611 | 2017-09-17 19:46 | お天気情報 | Comments(0)

台風前日

a0054240_19591075.jpg
「ムラサキルーシャン」

せっかくの秋の行楽シーズンの三連休なのに、台風18号が日本列島を直撃しそうだ。
でも、台風の歩みがゆっくりで、一日雨の予報だったのに、午前中降っただけで、午後はあまり降らなかった。
朝の6時半に近くの小学校が運動会の開催を告げる花火を上げた時は、
「まさか!」
とびっくりしたが、開催の決断を下した人は正しかったということだろうか?(結果論だけど。)
隣の学校は延期にしたそうだ。

手話サークルの往き帰りもほとんど濡れることはなかったし、朝も夕方もちゃんと散歩に行けた。
a0054240_2041110.jpg

明日の朝もなんとか散歩に行けたらいいのだけれど…。
それと、風があまり吹きませんように…。

今日ははだしでいたら部屋の中でも寒いぐらいの気温で、一日長袖で過ごした。
ちょっと前まであんなに暑くて、その暑さは永遠に続くような気がしたのに、時はどんどん過ぎていく。
そう思うと、ちょっと淋しい気持ちがする。
# by hideko0611 | 2017-09-16 20:15 | お天気情報 | Comments(0)

台風接近

a0054240_21341935.jpg
「エンジェルストランペット」

台風18号の進路が、とっても心配だ。
夏の台風と違って今頃の台風は本州直撃コースが多い。
ピークは日曜のようだが、その前に秋雨前線による雨が降りそうなので、今日のうちに台風への備えをしておく。
(なぜか)外からしか閉められないサンルームの外の雨戸を閉め、外の机や椅子、バケツなどを片づけ、植木鉢は高い所から下ろしたり、温室に入れたりする。
今日は一日曇り。
気温もあまり上がらなかった。

午前中は読書会。(「コンビニ人間」村田沙耶香著)
ページ数は少なく薄いけれど、中身は濃く深い小説だった。
「普通」であるというのはどういうことか、大多数が所属さえしていれば「普通」なのか、その枠外にいる人を責めたり、無理に中に引き入れようとしたりすることこそ「異常」ではないかとか、いろいろ考えさせられた。
台風に備えて買い物を少しして帰る。
TSUTAYAに寄って、「ソロモンの偽証」のDVDを借りて帰り、さっそく前編を見た。
映像化するにあたって、あれだけ緻密に書き込まれた小説は適度に整理されている。
野田君の家庭の背景や複雑な心境などはすべてカット。
登場する中学生たちはほとんどがオーディションで選ばれたようだが、主人公の藤野涼子ちゃんをはじめ、役のイメージに合っているし、初々しい。(その辺りが見たかったのだ。)

彼岸花が咲き始めた。
a0054240_21521856.jpg

昨日何もなかった地面から花茎が30cmほどもすっくと伸びているのは不思議だ。
# by hideko0611 | 2017-09-15 21:53 | お天気情報 | Comments(0)

今年も針仕事展へ

a0054240_22115980.jpg
「酔芙蓉」

昨日から、広島のそごうで開催されている「私の針仕事展」に、よたろうさんと行って来た。
a0054240_22141649.jpg

と言っても、よたろうさんはよたろうさんで、書道用品の店で篆刻用の石を買うという目的があってのこと。

8時に福川駅前(バイパス)から出る高速バスに乗って行った。
だから朝の散歩は6時頃から。
朝食は急いだら食べられないことはなかったが、あわただしいので、よたろうさんがおにぎりを作っておいてくれたのを、バスの中で食べる。
海苔はぱりぱりしたままで食べられるように、別にラップで包んでおくという芸の細かさ!
具も鮭フレーク、塩昆布、ちりめん味噌、ゴーヤの佃煮とちゃんと分けてあった。

針仕事展は、著名なキルト作家がたくさん出品されていて見ごたえがあった。
いつものように、たくさんのヒントをいただいて帰って来た。
縦に一続きになっている柄の生地をそのまま使うこともあり、だとか、切りっぱなしにした小さな生地を花びらに縫い付けることで陰影が出るとか…。
今回は刺繍作品もたくさん並んでいて、改めて刺繍の楽しさ、面白さも実感した。
堀内さゆりさんのクロスステッチのお雛様、作ってみたいなぁ。
どこかに見本はないかしら?
キルトマーケットでは、いつも寄る「ミウミント・アロハ」で、バティック生地をいろいろ買った。
ずっと探していたドット・バティックがあった~と思って喜んだが、家に帰って比較してみたら、探していたのとはちょっと違っていてがっかり。
でも買ったものはそれで気に入っているので、よしとしよう。
a0054240_22294234.jpg


a0054240_22322359.jpg

紀伊国屋と地下の食料品売り場を見てから、今度はよたろうさんに付き合って、石を買いに行く、
その後三越の北海道物産展でロイズのチョコレートや「白い恋人」「マルセイバターサンド」を買い、ほくほくして帰る。
帰りは在来線で2時間ちょっとかけて帰って来た。
のんびりしていてそれもいい。
広島の五日市の辺りは、山の中腹にまで高い建物(マンション?)が建っているのにびっくりした。
岩国駅の付近は一面のれんこん畑。
a0054240_22391017.jpg


ところで広島駅(ずいぶん変わっていた)の改札が赤いのはやっぱりカープカラーなのだろうか?
a0054240_2242259.jpg
優勝目前の広島は、今日も赤いユニフォームの人であふれていた。
# by hideko0611 | 2017-09-14 22:44 | 広島観光 | Comments(0)

シリーズを次々と

a0054240_204463.jpg
「クズ」
ただ今花盛り。

今朝の空は、刷毛で刷いたような雲がきれいだった。
a0054240_20465429.jpg


a0054240_20483392.jpg
でもこれは数分もたつと、姿を変えてしまう。

「希望荘」読了。
これは短編集だったので、少し物足りなさが残るが、それでも面白かった。
そこでこの杉村三郎シリーズを遡って最初から読みたくなり、「誰か」の再読を始めた次第。
宮部みゆきさんの世界にすっかりとりこまれている。

夜はN夫妻と4人で一福で食事。
コースは前菜、茶碗蒸し、天麩羅、刺身、細巻と握り寿司のほかに、それぞれが好きな料理を2品選べるという合理的なシステム。
私はサイコロステーキと、握り寿司(雲丹、イクラ、甘エビ)をチョイスした。
そのほかに地鶏塩焼きやローストビーフのサラダ、鯛のあら煮、メバルの煮つけなどが選べる。
お酒はビールのあとは「龍の尾」の冷酒。
もとは福川で作っていたお酒だそうだ。
初めて飲んだがおいしかった。

a0054240_20575015.jpg
朝の光を一杯に浴びている快。
# by hideko0611 | 2017-09-13 20:59 | 読書 | Comments(0)

カボチャ仕事

a0054240_20122292.jpg
「ニラ」

昨夜はたびたび豪雨にみまわれた。
雨の音よりも、豪雨情報を知らせるスマホの着信音で目が覚めてしまった。
それでも長い時間ではなかったので、別に安眠妨害されることもなかった。
朝には雨も上がり、いつもの時刻に散歩に行けた。

読書会の課題図書「コンビニ人間」(村田沙耶香著)を一気に読み終え、「ペテロの葬列」もぐいぐい読んで読了。
どちらもそれぞれ面白い。
「ペテロの葬列」の続編「希望荘」を続けて読むつもりだ。

今年はカボチャ(栗まさる)がたくさん採れたのはいいのだけれど、収穫しないうちにナメクジにあちこちかじられてしまった。
しかたがないのでいいところだけ切って知人に配り回り、残った半端なところを使ってポタージュを作る。
皮をむいてコンソメで煮て柔らかくなったのをつぶし、タマネギのみじん切りをバターで炒めたのと牛乳を合わせてミキサーにかける。
塩で味を整えて出來上がり。
a0054240_20234743.jpg

たくさん出来たので、小分けにして冷凍しておく。

夕方の散歩は気温も高めで、久しぶりに汗だくになって帰って来た。
セミ(ツクツクホウシ)も鳴いて、夏の名残りを惜しんでいるようだ。
湧き水を飲む快。
a0054240_20191341.jpg

# by hideko0611 | 2017-09-12 20:24 | B級グルメ | Comments(0)

今度は秋雨

a0054240_1953084.jpg

「団子菊(赤)」

秋晴れは昨日で終わり、今朝はいつ雨が降ってもおかしくないような曇り空。
a0054240_19554348.jpg

雨が降らないうちに…と、よたろうさんの用事で防府の表具屋さんまで行って来た。
お店に小さな正方形の額がたくさん並んでいたので、一つを購入。
a0054240_20162975.jpg

パッチワークの額には正方形がいいのだけれど、なかなかいいものがない。
本当は一辺20cm~25cmのものがいいのだけれど、一辺15cmのものしかなかった。
額に入れると、パイピングしなくてもいいのでとっても楽。
どんなものを作ろうかなと思うとわくわくする。
表具屋さんのお向かいにあるハニービーに久しぶりに行って生地を見たかったが、残念ながら10時の時点ではオープンしていなくて、雨が気になったのでそのまま帰る。
イオンの地下で買い物をして、12時前に家に帰り、間もなく少し雨が降り始めた。

宮部みゆきワールドにすっかりはまってしまい、午後は相撲を観ながら、「ペテロの葬列」を読み始める。
これも700ページ近くある分厚い本だが、読み始めるとやめられない。
中毒症状だ。
相撲の方は、安美錦が動き回って2勝目を挙げたのはうれしいが、宇良が負けただけではなく、足をひどく傷めた様子で心配だ。
そのほかにも今日は怪我人が多かった。(高安、玉鷲など)

夕食はよたろうさん作。
自家製のタマネギとジャガイモがまだどっさり残っているので、肉じゃがを作ってもらった。
a0054240_2044162.jpg

あと、ハスがらのきんぴらも。
a0054240_206283.jpg


快の巻いているしっぽを
a0054240_2095980.jpg
時々伸ばして遊んでみる。
a0054240_2083037.jpg

# by hideko0611 | 2017-09-11 20:12 | お天気情報 | Comments(0)

秋が少しずつ

a0054240_2113290.jpg
「団子菊(黄)」

日中の気温はまだまだ高いが、日一日と秋の気配が濃くなっていく。
稲刈りが始まったり、
a0054240_2143342.jpg

彼岸花が咲き始めたり、
a0054240_2183461.jpg

夕焼けの色が濃くなってきたリ…。
a0054240_21102977.jpg


午前中は手話サークルの仕事を少し。
「ソロモンの偽証」がそろそろ終わりに近づいてきたので、午後は一気に最後まで読んでしまう。
読み終わったら、しばらく放心状態。
DVDも借りて来よう。

大相撲が始まった。
3横綱が休場という異例の事態に、(私の中の)盛り上がりはもう一つだが、安美錦の幕内復帰と宇良の活躍を楽しみに観ることにする。
今日は二人とも土俵際で残って勝った。
誰が優勝してもおかしくないので、その点では面白いかもしれない。

散歩の後も以前ほどよれよれにならないで外を眺めている快。
a0054240_2118956.jpg

# by hideko0611 | 2017-09-10 21:19 | 四季の移ろい | Comments(0)

ごろんごろん

a0054240_21253660.jpg
「シオン」
草丈は2mを越している。
当然、ちゃんと立っていられなくて斜めになってしまう。
もう少しこじんまりとしていたらいいのにね。

今日もよく晴れているが、昨日に比べると少し暑くて、真夏に戻ったかのようだ。
午前中はアイロンがけをしたり、コンロを磨いたり、家の中の仕事をぼちぼちとする。
午後は手話サークル。
午前中に聴障会のサロンがあったので、聾者の出席が多くて(7名)よかった。
五十音のカードを組み合わせて作った単語を、手話やジャスチャーで表現して、ほかの人に当ててもらう。
みんなどんどんストーリーを作っていって、その中のどの単語なのか全然分からなくなってしまうぐらいだった。
私は「はみ(マムシの方言)」「いす」「のむ」の三つを表現する。
暑いので真夏並みの温度で冷房をかけていると、寒くなってくるのはさすがに9月だ。

夕方の散歩に行く前に、ごろんごろんのたくるのが好きな快。
a0054240_21325411.jpg

# by hideko0611 | 2017-09-09 21:34 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

大雨一過

a0054240_2125391.jpg
「キツネノマゴ」
小さな小さな花を咲かせる野草。
数年前よく似た「キツネノメマゴ」を園芸店で売っていて、つい買ってしまったことがある。

昨日とは別の世界のように、からりと晴れた気持ちのよい一日。
風景も洗ったように美しい。
a0054240_21443440.jpg

快も元気にてくてく歩く。
朝の快。
a0054240_212837.jpg


a0054240_21304670.jpg
夕方の快。
a0054240_21323964.jpg


a0054240_21343497.jpg
草にほとんど埋もれて歩いている。

道の途中にある栗が、実をどっさりつけていた。
a0054240_21464868.jpg

家には栗の木がないのが残念だ。
その向かい側には、夏前に咲き始めたネムがまださいている。
a0054240_21491120.jpg

こんなに花期が長いとは知らなかった。

昨日の大雨でまだ庭が濡れているので、庭仕事をするつもりはなかったが、午前中洗濯物を干した後、ついつい1時間ほどあれこれやってしまう。
雨で根元がゆるんで倒れかかっているものを起こして支柱を立て直したり、切り戻したり(ダリア、ウィンターコスモスなど)、土が柔らかくて抜きやすいので、庭の隅の草を抜いたり…。
旧道の葛を切って、下に落としておいた。
秋の七草の一種で、つぼみをたくさんつけていたが、、容赦せずぴしぴしと。

午後は手話サークルの仕事をした後、買い物と自治会の仕事で支所までひとっ走り。
バイクで走っていても、本当に気持ちがいい。
帰って枝豆とカボチャを料理してから散歩に行く。
今日は鶏ひき肉を入れて煮てみた。
a0054240_21414753.jpg

カボチャだけ炊く時よりも、甘さは控えめにする。
# by hideko0611 | 2017-09-08 21:51 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

雷も…

a0054240_2028091.jpg
「オオタデ」

一日の大半が雨。
それも雷を伴う、バケツをひっくり返してような大雨が何度も繰り返された。
一度は落雷の後、ブレーカーが落ちてしまったほどだ。
一ヶ月ぶりのパッチワークなのに、家を出ようかという時に大雨になったが、その雨は長くは続かず、ちょっとだけ遅れて出席出来た。
でも荷物は極力減らしたので、出来上がったマリーゴールドのタペストリーも、今やっているティーリーフのタペストリーも持って行けず。
一番荷物が少なくてすむ、バティックのバッグの続きを持って行く。
終わってから、皆さんはランチに行かれたが、私は雨の合間に快を散歩に連れて行ってやらないといけないので、失礼して帰った。
昨夜も今朝も行けなかったし、夕方も遅くならないと雨が上がらないようだ。
どこかで雨雲の切れ目があったら、さっと行って来ようと思っていた。
結果的にはそれが正しい選択で、1時20分頃から2時半頃に雨がやんだので散歩に行ったが、その後また降って来た。
雨には遭わなかったが、蒸し暑くて汗びっしょりになってしまい、帰ってすぐにシャワーを浴びる。
その後は「ソロモンの偽証」の第三部、いよいよ法廷の場面を読んでのんびり過ごす。
弁護人と検事の二人が、どう見ても中学生とは思えないような思考、弁論なので、最初ちょっと違和感を感じてしまったが、いよいよ法廷場面が始まると、どんどん作品世界に惹きこまれていく。

パッチワークの帰りも大雨で買い物が出来なかったので、昨日の残り物と、スーパーの入り口に置いてあった料理レシピで作ってみた、塩昆布のジャーマンポテトで夕食。
a0054240_20412263.jpg
レシピではいちょう切りにした生のジャガイモを炒めるとあったのでそうしてみたが、いつものように乱切りにして下茹でしてから炒めた方がジャガイモの存在感があってよかった気がする。
塩コショウの代わりに塩昆布を使うというだけだが、目先が変わって面白い味だった。

a0054240_20445897.jpg

雨がやまないので、いつもより早めに玄関に呼び寄せたら、入ろうかどうか迷っている快。
# by hideko0611 | 2017-09-07 20:45 | お天気情報 | Comments(0)